2014年6月8日日曜日

【デビュー】 日経Linux 2014年7月号 別冊付録に寄稿いたしました

みなさんこんばんは。

ここのところプライベートなところでUbuntu 関連の寄稿のお話をたくさんいただいておりましたが、「Ubuntu 14.04 LTS」のネームバリューは強く、とうとう日経BPさん発行の「日経Linux」にもデビューとなりました。

今回寄稿させていただいたのは、最新号となる 2014年7月号の別冊付録「Ubuntu 12.04LTS が超わかる本」で、IMやLibreOfficeなどの記事でおなじみのあわしろいくやさん、gihyo.jp さんでの Ubuntu Weekly Topics でおなじみの吉田史さん、不肖ワタクシの3人で執筆・監修をさせていただきました。

私の担当部分は別として、いくやさん、吉田さんの持ち味が存分に出て、付録の割に骨太な仕上がりとなっています。もちろんDVD付録には 14.04LTS の日本語 Remix が収録されていますので、今月号を手に入れると大きなファイルをダウンロードせずにインストールできる趣向です。 また、本誌では、Ubuntu Japanese Team メンバーの水野源さんの連載もあり、ずいぶん侵食(?)してしまった印象があります。

Ubuntu 以外の記事では、大人気の小型コンピュータ Raspberry Pi の記事、定番ではないけど「ちょっと光る」ソフトウェアの紹介と、非常に緩急ついた誌面構成となりました。ともすると「日経」の冠雑誌はどちらかというと業界の最新動向を紹介することに専念する印象がありましたが、Raspberry Pi での電子工作や実際にUbuntuをインストールしたり、今話題の仮想通貨をマイニングしてみるディストリビューション(とりあげられているのはLitecoin)を使ってみたりと、実践的な要素も多く取り入れ、より楽しく読むことができました。

個人的には Ubuntu だけではなく、国内で活発なコミュニティ活動を展開されている、DebianやVineLinuxあたりの記事も読みたいと思いました。昔は「みんなWindowsを使っているので面白くない」的な話題もありましたが、仮にWindowsがUbuntuに置き換わっただけではやっぱり面白くない気がします。いろんな人が、いろんな考え方のもとに、いろんなOSやソフトウェアを使うというのが面白いと思っています。

日経Linuxに限ったことではありませんが、特別企画的な意味合いが強いので水野さんの連載以外は今後どうなるかはわからないのに、やめときゃいいのに別冊付録の後記にフラグを立てるようなことを書いてしましました。またどこかの誌面で皆さんとお会いできる機会をいただければなどと思いあがった野望を抱いてます(できれば個人的にあまり忙しくないときに執筆したい!です...)。

毎度毎度で恐縮ですが、ピピっと感じた方は書店やAmazonなどでゲットしていただければ幸いです。

2014年5月28日水曜日

週刊アスキー 6/10 号 「microSDカード完全活用術」ページの一部に寄稿いたしました

みなさんこんばんは。

またもや突然ですが、今週火曜日に発売された週刊アスキー 6/10号の特集「microSDカード完全活用術」ページの最後にまさかのCuboxねたで寄稿させていただきました。この手のちっちゃいコンピュータにブルジョアなmicroSDカードを使ってみるとどうなるのかという書いた本人もなかなか謎な企画でございました。

Cuboxは前回週アスでとりあげてから新機種Cubox-iシリーズが出ていますが、まだまだ有効な使い道やノウハウが出揃っていない感じは否めません。しかし、他の小型PCガジェットには装備されていない光オーディオ端子や赤外線センサーがその魅力で、RaspberryPiやBeagleBoneBlack、Intel Galileo、Windowsが動くLIVAあたりと競合するデバイスです。なかなか苦労が絶えないデバイスではあるのですが、それだけにイジり甲斐のあるマシンたちですので、興味をもった方はぜひ挑戦してみてください。

ワタクシの週刊アスキーさんでの出番は、5/6号のLIVA以来ほぼ1か月ぶりということで、登場間隔が詰まっているような気がしないでもありませんが、この先どうなるのかは私にもわかりません(笑)。いつまで登場しつづけられるのか自分でもわからないので、ファンのかた(って書いてみたけれども本当におらっしゃるのでしょうか?)は早めに書店・駅・コンビニなどでゲットしていただければ幸いです。

ここまでくると「そろそろラノベでも書きやがれ!」という声が聞こえそうな気もいたしますが、まずは目の前のタスク、目の前の原稿に注力していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年5月19日月曜日

Software Design 6月号 に寄稿いたしました

みなさんこんばんは。

Ubuntu の新しい長期リリースとなる 14.04LTS Trusty Tahr が先日リリースされましたが、その 14.04LTS についての、Software Design 特集記事に、またまた書かさせていただきました。

自分の担当は最初の4ページでしたが、今回は(今回も?)もう申し訳ないくらいに、あわしろいくやさんが大活躍されていました。ここ数回の通常リリースで導入が試みられた、XMir や Unity などといったフューチャーはデフォルトとして採用されませんでしたが、それでも細かいところがブラッシュアップされたものになっています。いくやさんは 14.04LTS リリース時においても日本語入力について大きな活躍をされていましたが、それに比べると自分はまだまだだと反省しております。

また、Ubuntu SDK/Touch 担当の柴田さん、Server/Foundation 担当の吉田さんと、がっつり読み応えのある特集となっているので、是非手にとっていただければ幸いです。

2014年4月24日木曜日

「の.みんな」ドメインを取得してみました

みなさんこんばんは。

今年1月にニュースサイトにとりあげられた、Google が運営するgTLD「.みんな」ドメインの取得に挑戦していましたが、なんとか取得できてようやく使えるようになりました。

取得したのは「の.みんな」と汎用性の高い1文字助詞なドメインで、先行登録〜オークションを経て獲得したものです。

現在、自分の Twitter のタイムラインで mikutter 関係者が盛り上がっている(?) キーワードの「ておくれ」をサブドメインに使って、 mikutter の公式サイトに移動するだけの「http://ておくれ.の.みんな/」をネタで立ち上げています。

この、「.みんな」ドメインですが、最終的に
  • 商標権者優先登録(サンライズ) 2013/12/09 〜 2014/02/26 ( 当初 12/01 〜 02/14  )
  • 先行登録(ランドラッシュ) 2014/01/15 〜 2014/02/26 ( 当初 01/16 〜 02/14 )
  • 一般登録 2014/03/04 〜 ( 当初 2/21〜  )
というスケジュールとなりましたが、登録者が多いということで、カッコ内の当初スケジュールが伸ばされ、またサンライズ・ランドラッシュ期間で重複したドメイン名の希望者が複数名乗りをあげた場合には、オークションが開催されることになっていました。