2016年7月3日日曜日

【CDレビュー】episode 1 -ANGEL- (Brilliant Kingdom)


正面きったホンキのメッセージがこもった渾身の1枚


「淑女ならびに紳士の諸君っ!…」

こんなケレン味あふれるセリフで始まる、ファッションと音楽とストーリがミックスされたシアトリカルイベント「Brilliant Star☆デコレーションズ」を主催する、Triple*fortune のBABIさん、KAIEさんのユニット「Brilliant Kingdom」のデビューアルバムが、いきなりメジャーレーベルでデビューした。その輝けるデビューアルバムを早速入手した。

このアルバムでは歌の他にBGM付きの語りのトラックが入っていて、全トラックを通じてストーリーが展開されているのだが、ストーリーについては読者の方にお楽しみとしてとっておいて、楽曲トラックを中心にレビューしてみたい。

「涙に慄え聖なる許しのキスをしろ」


定番というか王道といってもいい下降進行のサビが印象に残る曲。全編を通じて間奏にはセリフをがっつり入れるという、「これぞBKスタイル」といえる曲だ。BKの、正面切って強くメッセージを伝える姿勢が王道パターンに負けない仕上がりを演出しているのではないか。

「Fallen Angel 〜堕天の誓約〜」


キリスト教というか「堕天」のモチーフをメタルに料理した曲。単にメタルだというだけではなく、Kyrie eleison の部分の2声コーラスは聖歌のようなボイシングをするなど、さまざまなコダワリを感じさせる。圧巻なのは間奏部分の戒めを叫ぶところだ。おそらくモーセの十戒が元で、その中からチョイスした格好だが、うまく宗教臭さを抜くことができた曲なのではないか。

「愛知らぬ我が乙女と」


サビの部分のKAIEさんの美しい歌声が印象に残る曲。アルバム全体を通してテキストパートや歌でもBABIさんが前面に出ることが多い印象がある中で、印象に残った。

「水底天使」


このアルバム中で1番の厨二病歌詞(褒め)で良い意味でぶっ飛んだ曲。さすがに曲を聴いただけでは歌詞のぶっ飛び具合はわかりづらいので、ブックレットの歌詞を見ながら鑑賞するとより楽しめるだろう。疾走感のある曲作りの裏に出現する厨二病ワードにニヤリとしてほしい。

「Bloody Rose」


このアルバムの中では異色のイタリア歌曲のような作りこみが光る1曲。曲が進むにしたがって表情を変えるメロディが心地よく、バックバンドの対旋律もバッチリ決まっている。とはいえイマドキの演出もあり、しっかり盛り上げるのはさすがといったところ。

総評


総合して非常によくまとまった出来のアルバムで、ボーカル・伴奏ともにレベルの高い仕上がりになっている印象を受けた。あえて気になるところを挙げるとするならば、ブックレットのテキストに若干誤字があったりレイアウトに疑問を感じるところがあったくらいだ(なかなか歌詞を聞き取るのが難しいので、ブックレット見ながら聴く人が多いと思われるので少し残念だ)。

またこのアルバムに限った話ではないがライブやブリデコのボーカルパートを通じてmoll(短調)の曲がとても多い印象がある。もちろんキャラクターや構成を考えた上での結果であろうが、裏芸というかボーナス・トラックな位置づけで、BKのdur(長調)な曲を聴きたいところだ。

ともあれ、ブリデコらしさ、BKらしさが遺憾なく発揮されたアルバムだというのは揺るぎないところだと感じられた。BKの世界感をわかりやすく具現化したアルバムで、ブリデコやBKのことを知っている人も知らない人も楽しめるだろう。

( BK-BrilliantKingdom,Triple*fortune 主催「Brilliant Star☆デコレーションズ Vol.11」会場で予約して入手し、このレビューを書きました。 )

2016年6月9日木曜日

日経Linux 2016年7月号 別冊付録に寄稿いたしました

みなさんにちは。

この4月にリリースされた Ubuntu 16.04 LTS も私の環境では、いい感じに動いていて、毎日フル活用しています。LTSということで、安定性を重視したリリースになったので、いまいち何が新しいのかが分かりにくいという声もありそうです。

そんな状況で、今回の16.04 LTSについての解説を「日経Linux 2016年7月号」に「極厚100ページ」の特別付録として、Ubuntu Japanese Teamの有志で書きました。

日経Linuxさんからは、前回のLTSのリリースの時も同じような付録冊子を出させていただきましたが、前回の「超わかる本」タイトルから今回は「全部わかる本」とグレードアップしていて、名前に内容が追いついているのか不安なところもありますが、是非書店で手にとっていただければと思います。

雑誌媒体もなかなかITテクノロジーを扱うところが少なくなっている傾向がありますが、日経LinuxやUbuntuに限らず応援していただければ、隅っこにいる私としても幸いです。

2016年5月16日月曜日

オープンソースカンファレンス 2016 Gunma に参加してきました

みなさん、こんにちは。

この週末は、「オープンソースカンファレンス2016 Gunma」に参加するために、群馬県高崎市に行ってまいりました。群馬県でのオープンソースカンファレンスの開催は今回がはじめてだそうです。

プレゼンテーション資料はこちら。



スライドの枚数が少ないのは、今回の会場の都合と、「できるだけ多くのコミュニティに登壇してもらいたい」ということから、通常だと1時間サイクル(45分セミナー15分移動)のものが15分サイクル(セミナー10分、インターバル5分)になり、超駆け足で機能紹介をした事情があったからでした。

絵的には、こんな感じで
「山田デンキLABIなロケーション」で「Ubuntuのサポート期間」を「ヴァンティスを着て」説明するというカオスな状況となりました。

短い時間ではありましたがセミナーはみなさんに、味をもって聞いていただけました。Ubuntu Japanese Team では近く 16.04 のリリースイベントを開催する予定なので、こちらも足をお運びいただければ幸いです。

2016年4月4日月曜日

株式会社TIMERSに転職いたしました

みなさまご無沙汰しております。

私個人のお話で非常に恐縮なのですが、この4月から株式会社プログデンスから株式会社TIMERSへ転職いたしました。この場をお借りいたしまして、前職時代にお世話になった皆様へ感謝申し上げます。

前回の転職が2012年4月( 当時のエントリはこちら )なので、ほぼ4年ということになります。この4年という期間を長いととるか短いととるかは微妙なところなのかもしれませんが、目を見張る速度で成長する時期に貴重な体験をすることができたと思っています。気がついたら「名物男」っぽい感じになった会社を去るのはちょっと寂しい気もいたしますが、エンジニアとして、また一職業人として誇りを持って新しい領域に挑戦するために、転職という選択をすることにいたしました。

新しい職場となる株式会社TIMERSでは、私達の感情をどう蓄積保存し価値を作っていくのかという使命のもとに、恋人や家族といったごく個人的な間柄で使われるSNSアプリ PairyFamm を支える仕事に従事する予定です。

本業もさることながら、なかなか時間がとれなかったOSSの活動なども、もう一度始動する形で様々な形で皆様にお届けできればと考えております。

引き続きご指導・ご鞭撻・ご声援を賜れば幸いです。