2017年1月14日土曜日

日経Linux 2017年2月号 好調のようです!

みなさんこんにちは。

少し告知が遅れてしまいましたが、書店の店頭に「Raspberry Pi で楽しむPCオーディオ」の連載第2回目が載っている日経Linuxが並んでいます。どうやら好調に売れているようです!


連載の第2回目はRaspberry Pi 3にUSB DACを接続しハイレゾ音楽を再生する方法を紹介いたしました。誌面上の立ち位置では「応用講座」枠ですが、それほど難しいことをせずに実現できるところなのでぜひチャレンジしていただければと思います。

今回の連載も含めて商業雑誌に寄稿する時は、掲載号には他にどんな記事が載るのかということにはあまり気にしなかったりするのですが(他の記事の心配をする前に自分の記事を仕上げないといけません!)、今回の2017年2月号はRaspberry Piとハイレゾオーディオ再生ということでネタがかぶるというか、むしろターゲットを絞り込んで狙いをつけた号になりました。

記事を書いた私もどんな誌面になるのか毎回楽しみな雑誌ですので、是非お手にとっていただければと思います。

2016年12月8日木曜日

日経Linux 2017年1月号 に Raspberry Pi オーディオの連載記事を寄稿いたしました

みなさんこんにちは。

そろそろ年の瀬でいろいろと忙しい季節ですが、ここに来て 日経Linux さんで Raspberry Pi オーディオの連載「Raspberry Pi で楽しむPCオーディオ」を持つことになりました。記念すべき(?)第1回目は今書店に並んでいる 2017年1月号に掲載されています。

Raspberry Pi でオーディオを楽しむという話自体は今に始まったものではないのですが、以前はノイズがひどかったりと苦労が耐えない分野でしたが、最新の Raspberry Pi 3 では CPUパワーが強化されたこともあり、それほど苦労せずに良い音を鳴らせるようになってきました。

今回は第1回目ということで、基本に忠実(?)に Raspbian を使って音楽プレーヤを構築するお話を書きました。音楽プレーヤを作るついでに無線LANアクセスポイントを構築し、音声出力はBluetoothスピーカーを使うという、やり過ぎ感あふれる内容になってしまいました。初回から結構詰め込んでしまったせいか誌面上の立ち位置も「応用講座」枠のガチっぽいところとなりましたが、楽しんでいただければ幸いです。

この号には Ubuntu の連載でおなじみの水野さんや、プリンタ特集では小笠原さんも寄稿されておられますので、是非書店で手にとっていただければ幸いです。

2016年7月3日日曜日

【CDレビュー】episode 1 -ANGEL- (Brilliant Kingdom)


正面きったホンキのメッセージがこもった渾身の1枚


「淑女ならびに紳士の諸君っ!…」

こんなケレン味あふれるセリフで始まる、ファッションと音楽とストーリがミックスされたシアトリカルイベント「Brilliant Star☆デコレーションズ」を主催する、Triple*fortune のBABIさん、KAIEさんのユニット「Brilliant Kingdom」のデビューアルバムが、いきなりメジャーレーベルでデビューした。その輝けるデビューアルバムを早速入手した。

このアルバムでは歌の他にBGM付きの語りのトラックが入っていて、全トラックを通じてストーリーが展開されているのだが、ストーリーについては読者の方にお楽しみとしてとっておいて、楽曲トラックを中心にレビューしてみたい。

「涙に慄え聖なる許しのキスをしろ」


定番というか王道といってもいい下降進行のサビが印象に残る曲。全編を通じて間奏にはセリフをがっつり入れるという、「これぞBKスタイル」といえる曲だ。BKの、正面切って強くメッセージを伝える姿勢が王道パターンに負けない仕上がりを演出しているのではないか。

「Fallen Angel 〜堕天の誓約〜」


キリスト教というか「堕天」のモチーフをメタルに料理した曲。単にメタルだというだけではなく、Kyrie eleison の部分の2声コーラスは聖歌のようなボイシングをするなど、さまざまなコダワリを感じさせる。圧巻なのは間奏部分の戒めを叫ぶところだ。おそらくモーセの十戒が元で、その中からチョイスした格好だが、うまく宗教臭さを抜くことができた曲なのではないか。

「愛知らぬ我が乙女と」


サビの部分のKAIEさんの美しい歌声が印象に残る曲。アルバム全体を通してテキストパートや歌でもBABIさんが前面に出ることが多い印象がある中で、印象に残った。

「水底天使」


このアルバム中で1番の厨二病歌詞(褒め)で良い意味でぶっ飛んだ曲。さすがに曲を聴いただけでは歌詞のぶっ飛び具合はわかりづらいので、ブックレットの歌詞を見ながら鑑賞するとより楽しめるだろう。疾走感のある曲作りの裏に出現する厨二病ワードにニヤリとしてほしい。

「Bloody Rose」


このアルバムの中では異色のイタリア歌曲のような作りこみが光る1曲。曲が進むにしたがって表情を変えるメロディが心地よく、バックバンドの対旋律もバッチリ決まっている。とはいえイマドキの演出もあり、しっかり盛り上げるのはさすがといったところ。

総評


総合して非常によくまとまった出来のアルバムで、ボーカル・伴奏ともにレベルの高い仕上がりになっている印象を受けた。あえて気になるところを挙げるとするならば、ブックレットのテキストに若干誤字があったりレイアウトに疑問を感じるところがあったくらいだ(なかなか歌詞を聞き取るのが難しいので、ブックレット見ながら聴く人が多いと思われるので少し残念だ)。

またこのアルバムに限った話ではないがライブやブリデコのボーカルパートを通じてmoll(短調)の曲がとても多い印象がある。もちろんキャラクターや構成を考えた上での結果であろうが、裏芸というかボーナス・トラックな位置づけで、BKのdur(長調)な曲を聴きたいところだ。

ともあれ、ブリデコらしさ、BKらしさが遺憾なく発揮されたアルバムだというのは揺るぎないところだと感じられた。BKの世界感をわかりやすく具現化したアルバムで、ブリデコやBKのことを知っている人も知らない人も楽しめるだろう。

( BK-BrilliantKingdom,Triple*fortune 主催「Brilliant Star☆デコレーションズ Vol.11」会場で予約して入手し、このレビューを書きました。 )

2016年6月9日木曜日

日経Linux 2016年7月号 別冊付録に寄稿いたしました

みなさんにちは。

この4月にリリースされた Ubuntu 16.04 LTS も私の環境では、いい感じに動いていて、毎日フル活用しています。LTSということで、安定性を重視したリリースになったので、いまいち何が新しいのかが分かりにくいという声もありそうです。

そんな状況で、今回の16.04 LTSについての解説を「日経Linux 2016年7月号」に「極厚100ページ」の特別付録として、Ubuntu Japanese Teamの有志で書きました。

日経Linuxさんからは、前回のLTSのリリースの時も同じような付録冊子を出させていただきましたが、前回の「超わかる本」タイトルから今回は「全部わかる本」とグレードアップしていて、名前に内容が追いついているのか不安なところもありますが、是非書店で手にとっていただければと思います。

雑誌媒体もなかなかITテクノロジーを扱うところが少なくなっている傾向がありますが、日経LinuxやUbuntuに限らず応援していただければ、隅っこにいる私としても幸いです。