2019年2月19日火曜日

「音楽と奏でる冬の夜会」に出演いたしました《哲学者の薔薇園@四谷喫茶茶会記》

みなさんこんにちは。

前エントリでひっそり生存確認エントリをあげましたが、今週の月曜日に不定期開催のアートサロンカフェ「哲学者の薔薇園」さんの音楽イベントに出演してまいりました。

この音楽イベントなのですが、毎月第3月曜日の四谷喫茶茶会記での開催のときのイベントとして、関係者を巻き込んで始まったシリーズです。最初は録音音源をみんなで流し、その合間に生演奏を披露する、とーーってもゆるいコンセプトで始めた感じでした。

生演奏のメンバー私がフルートのレッスンに通っている「フルートクライス」の同門の仲間を誘ってアンサンブル団体を作って(でっちあげて?)の参戦でしたが、回を重ねるごとに少しづつ演奏品質もあがってきたところでした。

そして今回は以前お洋服のお茶会で懇意にさせていただいた、「夢見るメルヘン系ヴァイオリニスト」のあさいまりさんを巻き込んでの演奏ということで、参加していた私が言うのもなんですが、それはそれは贅沢な時間を過ごすことができました。

イベント自体も盛況で、終わった後には次回のイベント構想案も飛び出す盛り上がりとなりました。

今後また同じような演奏イベントも企画してまいりますので、その際には皆様ご来場よろしくおねがいします。

いまさらですがあけましておめでとうございました

いまさらですが、あけましておめでとうございます(苦笑)。

Twitter のほうをご覧の方はご存知だと思いますがワタシのほうは相変わらず色々な方面にコジラセております。日経 Linux のほうも最新号が書店で発売されています。最新(3月)号では、ラズパイに 4Kモニタをつなぐチャレンジ記事が掲載されています。最近のテレビは高機能ですね。

実は blog の更新が滞っていたのは、最近オカ活(=オカルト活動)がはかどっており、そちら方面の記事は note に何本か記事を書きました。note はオカルトねた、こちらは非オカルトねたを書いていきたいと思います。

オカ活が充実しているのも日経Linuxの占い連載のおかげであるのですが、なかなか時間が足りない展開が続きますね。

ということで今後ともゆるりと見守っていただければ幸いです。

2018年11月19日月曜日

Zaif の大喜利感あふれる事業譲渡の承認同意メール

みなさんこんにちは。
この blog ではほとんど扱ってこなかったのですが、ちょいと仮想通貨の話題を。

国内に何社か存在する仮想通貨取引所の一つが Zaif なのですが、度重なるトラブル・行政指導・仮想通貨流出のはてに、仮想通貨交換業務をフィスコに事業譲渡し、運営会社となるテックビューロは解散されるというのはご存知の方も多いかと思います(プレスリリース)。

事業譲渡にあたり、おそらく利用規約がらみの問題からか、事業譲渡の承認同意をユーザーから個別に取っているのが現在の状況なのですが、そのメールの題名がなかなかに楽しいことになっています。
また、この Subject が主に Twitter などで話題になり、その様子はメディアにも紹介されている ( 市況かぶ全力2階建, ITMedia ) 上に、Twitter での大喜利ハッシュタグが賑わっているようです。

2018年10月23日火曜日

Ubuntu 18.10 がリリース、Electron アプリ利用者は移行前に入念な確認を

みなさんこんにちは。

Ubuntu の最新リリース 18.10 "Cosmic Cuttlefish" が先週金曜日の 10/19 にリリースされました。リリースの概要や注意点などは、Gihyo.jp さんの Ubuntu Weekly Topics を参照してください。

LTS(長期リリース) の後の最初の Normal リリースということで、リリース後すぐにアップデートする人は少ないのかもしれませんが、私が使う環境はおおむね 18.10 にアップデートしました。

いつもはそれほど大きな問題に見舞われていなかったのですが、今回は Slack のデスクトップアプリが動かない ( 起動直後に segmentation fault を起こして落ちる ) という現象にみまわれました。

Ubuntu での Slack desktop アプリは deb 版と snap 版が用意されていて、snap 版は起動できるものの日本語入力ができないので deb 版をインストールして使っていたのですが、アプリが起動できないのはさすがにキツイので調べてみると、 v2.0.7 以前の Electron の問題 を踏んでいて、 Slack だけでなく ATOM や VisualStudio Code でも発生していた問題のようです。

この問題は Electron 的には v2.0.8 で修正 ( リリースノートにも記載されています) されている問題で、Electron を利用している製品ベンダーが追従していれば問題にはならないはずなところ、実際には問題をかかえた Electron を使用していたという状況のようです。

ユーザである我々ができることは、

  • いつも使うアプリが動作するのか充分にテストする
  • アプリベンダーにバグレポートを出す

ということになります(いつも使っているアプリにバグレポートを出すくらいの愛情は皆さんもっていますよね?)。

手元でざっくり調べたところでは10/23 現在


  • 問題なく起動できるアプリ
    skypeforlinux 8.32.0.44, Visual Studio Code 1.28.2-1539735992, discord 0.0.5, wordpress.com 3.6.0-25117
  • segmentation fault で起動しないアプリ
    slack-desktop 3.3.3, atom 1.31.2

といった状況のようです。

Electron アプリを開発した経験がある人はおわかりかと思いますが、問題が修正された Electron で上書きすることで回避することは可能ですが、正直あまりお作法的に美しくないので具体的な手順はあえて書かないことにいたします。

バグレポートを開発者に送り対応版アプリの登場を待つのが得策な状況なので、当該アプリを使っている人は気をつけてください。

【追記】

  • 2018-10-24 atom は Electron 2.0.9 を使う 1.32.0 に更新され、この問題が解決されたようです